僕が家を建てる理由はだいたい百個くらいあって

人生の星の時間と、住・読・学・旅・玩・贅・遊・愛などについて

今、日本で一番面白い漫画の公式副読本 - 『アイヌ文化で読み解く「ゴールデンカムイ」』中川裕

1週間ほど前から、夫婦で『ゴールデンカムイ』にハマってトチ狂っている。 アニメの1・2期をNetflixで、3期をAmazonプライムビデオのレンタルでそれぞれ一気見し、返す刀で既刊のコミック全26巻を大人買いして2回通読、「となりのヤングジャンプ」で期間限定…

購入した土地上にあった古家の滅失登記を自分で申請した

8月中旬に完了した、購入した土地上にあった2棟の古家の解体について、滅失登記をする必要があったのだが、土地家屋調査士に単純に依頼したら4〜5万円、新築時の表題登記とセットで依頼したら、滅失登記は2万5千円というオファーをもらっていた。 間取りや設…

世はまさに大陳列時代 - 『プロセスエコノミー あなたの物語が価値になる』尾原和啓

「いいモノを作る」だけだとあっという間に廉価にコピーされてレッドオーシャンに叩き込まれる時代になったので、そこに至る「過程」や「物語」を陳列して、それを銭に替えましょう、という話。プロセスエコノミー あなたの物語が価値になる作者:尾原 和啓幻…

「貧乏臭さ」への解毒剤 - 『世界大富豪列伝』福田和也

「貧乏」は財産の多寡のうちの寡の状態を説明する言葉なのに対して、「貧乏臭い」は、財産の多寡には関係なく、世の中の森羅万象に対峙する際の心の持ち用や態度のことなので、「貧乏臭い」はすべからく唾棄すべきものだし、本当に嫌い。で、世の中がどんど…

文豪・映画・家族 - 『活劇映画と家族』筒井康隆

最初に言っておきたいが、帯は完全な誇大広告。筒井ワールドは「炸裂」していないし、面白さが「爆発」するような内容でもない。 学生時代、貪るように筒井康隆の文章を読んだ。小説もエッセイも。今は、すべてを追いかけるわけではなくなったが、それでもや…

Apple ArcadeのRPGゲーム『FANTASIAN ファンタジアン』クリア(レベル63・プレイ時間88時間)

Apple Arcade『FANTASIAN』クリア 盆休みにギックリ腰をやってしまい、寝て過ごさなくてはならなくなったことをきっかけに始めた、Apple ArcadeのRPGゲーム『FANTASIAN』。Apple Oneのファミリープラン月額1,850円、に加入しているので、追加課金はなし。プ…

新居の睡眠環境のキモであるベッドの選定のために「日本ベッド」のショールーム見学

現場工事もしばらくなく、打ち合わせもいよいよ最終局面で今まで決めたことの確認作業が大半なので、これといってブログに書くネタがない。家作り以外の生活もなんとなくバタバタしているので、本を読む時間もあまり確保できずに、いよいよブログに書くネタ…

「割烹よし田」で中上真亜子さん( @maako_nakagami )おすすめの鯛茶漬けを食す

福岡を中心に活動されているタレントの中上真亜子さんの以下の動画を見たのが、昨年の11月。 その後、店舗の移転リニューアルや、行政による緊急事態宣言の出したり引っ込めたり、突撃しても満席で入店できずなどで、なかなか辿り着けずにいた「割烹よし田」…

【自宅建築ログ】井戸を埋めるために井戸祓いの儀式「水神上げ」を執り行った

売買契約完了後、庭にあった小さな納屋を壊したら、中に古い井戸があったことが発覚したのだが、どうやら売主もよくわかってなかったようなので、こちらで埋めることになった。kcys.me といっても、特に追加で工事費用が発生するわけではなく、解体時に出る…

「アンジェロ&ミカエル」でピンクのチーズフォンデュと絶品チーズリゾットを食す

2021年8月19日18時ごろ、家族4人で。 俺と妻のチーズフォンデュのスイッチが入ったら、大名のアンジェロ&ミカエルに行くことにしている。とりあえずここでチーズにまみれたら、しばらくはチーズ欲が満たされる。 開店25周年記念ということで、スペシャルチ…

選択した住宅設備確認のためにタカラスタンダードとLIXILのショールーム再訪

ショールーム再訪 選択した設備の仕様や色などの細かい点の再確認のために、タカラスタンダードとLIXILのショールームを再訪してきた。LIXILは4月、タカラスタンダードは5月がそれぞれ初回訪問だったので、選んだものの詳細についての記憶も曖昧になっていた…

【自宅建築ログ】土砂降りの中で造成前の地質調査

盆休みの間、ひたすら雨が降っていたので、その前に解体工事が終わって安堵していたのだが、盆休みが開けてもまだ雨が降り続いている。もうええっちゅうの。 そんな土砂降りの雨の中、造成前の地質調査が行われていた。本当にありがとうございます。 擁壁工…

ヘイトスピーチをきっかけに、メンタリストDaigo氏の「顔写真」が書店から消えることを祈念する

※ 当記事は個人の感想です。 元いじめられっ子のメンタリストが、YouTubeや信者ビジネスで成功して大金を手に入れたら、今度はいじめっ子になってしまい、社会的弱者に対して「存在理由が猫以下、死ね」とヘイトスピーチをした、と理解してるのだが、あって…

【記録】4日前から降り続けている雨のせいで増水した自宅前の水路

とにかくずっと途切れることなく強い雨が降っている。九州3県に大雨特別警報 福岡・佐賀・長崎: 日本経済新聞 停滞する前線の影響で、14日も広い範囲で大雨となった。特に、九州北部では記録的な大雨が続き、気象庁は同日午前、福岡、佐賀、長崎の3県に対し…

新型コロナウイルス・線状降水帯・ギックリ腰の三重苦の盆休みは『FANTASIAN』で過ごす

12日から16日まで仕事が休みなので、今年の夏は実家に帰省する予定でホテルまで予約しておいたのだが、新型コロナウイルス感染拡大を受けて、常識的良識的判断からキャンセル。地元で人が少ない場所を選んで遊びにいこうと考えたが、北部九州に線状降水帯が…

【記録】昨年LINEで流れてきた「新型コロナウイルスは26〜27度の温度で殺される」というトンデモ情報

記録として。 日付を確認したら2020年2月22日に、とあるグループLINEから流れてきた投稿だったのだが、以下のような内容だった。不自然なスペースなどは、少し修正してある。 友人の内科医からの情報です。コロナウィルスに関して武漢のコロナウイルスの研究…

荒淫矢の如し - 『インターネットポルノ中毒 やめられない脳と中毒の科学』ゲーリー・ウィルソン

買い物やスマホなどへの依存症である「行動中毒」についての書籍で必ず出てくる「ポルノ中毒」について。 これは脳の性質と、それがまったくちがう環境からのヒントにどう反応するかという話だ。果てしなく供給される、オンデマンドの性的新奇性の慢性的な過…

ネイチャーが僕らをフィックスしてくれる - 『NATURE FIX 自然が最高の脳をつくる』フローレンス・ウィリアムズ

右手を指定席にしたスマホに目と脳を占領されてしまった現代人が忘れつつあること、「自然」に触れてその中で過ごすことがいかに心身にとって必要か、についての本。 本書は、詩人や哲学者には太古から自明であったこと、つまり「どこにいるか」が幸福度を左…

【自宅建築ログ】古家の解体、さらばユンボ

恒例の夕方散歩ついでの見学に行ったら、ユンボが立ち去っていた。お疲れ様でした。あとは人力で最後の確認ぐらいかな。 散水と涼をとるために残しておいた水道管も、最後に切断。 しっかりフラットに仕上げてくれていた。 次はL字擁壁のためのボーリング調…

【自宅建築ログ】古家の解体、隣地の買い手とも打ち合わせして、外構計画に少し変更あり

解体工事、ほぼ完了ということで、営業担当と解体業者が確認のために打ち合わせ。合わせて、隣地の買い手とも時間を合わせて、境界部分の設えについてもすり合わせ。俺は同席せず、終了後に報告してもらった。素人がプロに混じっても、あまりいいことはない…

409日前にiPhoneにインストールした『接触確認アプリ(COCOA)』、稼働はしているようだが意味があるのか

これ、まだインストールしておく意味はあるのだろうか。厚生労働省のエラい人、教えてくれ。 厚生労働省のサイトに、インストール数と陽性登録件数が公開されていた。 同じく厚生労働省のサイトでオープンにされていた新規陽性者数の推移データから引っ張る…

【自宅建築ログ】古家の解体、掘車庫も姿を消して、残りは正面の土留めのみ

今日も元気にユンボは働いていた。 いよいよオーラス間近。掘車庫の背面も撤去されて、残すは正面の土留めブロックのみ。側面を削ったら意外と薄い様子が確認できた。敷地内へのアプローチ階段も破砕されていたので、いよいよクライマックスは近い。 どうぞ…

20kgの30日ケトルベル・スイング・チャレンジ完走、次は懸垂チャレンジを模索

7月2日に終わった16kgのケトルベル・スイング・チャレンジに続いて、4kgアップの20kgでのチャレンジをスタートさせたのだが、本日無事に完走した。ケトルベルによるコンディショニングについては、以下。kcys.me16kgの30日ケトルベル・スイング・チャレンジ…

【自宅建築ログ】古家の解体、井戸がいきなり埋められていた

天気予報では今週はずっと雨だったので、工事にどのような影響があるか心配だったのだが、なぜかピンポイントで雨雲が避けてくれて、大禍なし。 土曜まであった井戸の穴が、いきなり埋められていた。えっと、供養は……。 敷地全体を低くするので、ブロック塀…

【自宅建築ログ】古家の解体、井戸のポンプを撤去したら深さ8メートルの穴が出現

解体工事、いよいよ大詰め。業者からの連絡だと、水曜には終わるとのこと。あと3日。 井戸のポンプが撤去されていたので近づいたら、どえらい穴が空いていた。真上からのぞいても、暗くて底がはっきり見えない。怖い。 自宅からレーザー距離計を持ってきて測…

【自宅建築ログ】古家の解体、土地全体のレベルを下げるために掘って土を搬出、あと井戸の処理について

擁壁工事を安く上げるために、土地全体を約30センチ低くするので、解体工事のフェーズは、土を掘って廃棄する段階に移行。ユンボとトラックが大活躍。 あと、小さな納屋の中にあった、まさかの井戸。営業担当と相談して、地鎮祭に合わせてお祓いをしてから、…

コイズミ照明のショールーム訪問、照明プランの確認とキッチン上のペンダントライトを吟味

7月某日。息子と娘が夏休みの3泊4日キャンプなので、その見送り後に予約しておいたコイズミ照明のショールームを訪問。予約まで少し時間があったので、ついでに天神で、ACTUS(アクタス)・H.L.D.・カッシーナ・イクスシーをハシゴ。こちらでも照明をメイン…

【自宅建築ログ】古家の解体、廃材がかなり搬出されて土が露出してきたので妻も見にきた

昨日までは廃材が敷地を埋め尽くしていて、うっかり釘でも踏み抜いたらえらいことになるので妻には見せてなかったのだが、かなり搬出が進んで土面が表れてきたので、スニーカーを履かせて、一緒に見学。 あとは瓦と石を搬出したら、終わりっぽい。 どうぞご…

【自宅建築ログ】古家の解体、構造物の解体はほぼ終わり、搬出がどんどん進む

解体もいよいよ大詰めに。構造物の解体はほぼ終わり、廃棄物をトラックがピストン輸送していた。 敷地全体の雰囲気もわかるようになってきて、よくやく約100坪の全容を実感できるようになった。 空き家の隣家からの植物の侵襲も、すごい。どこかの段階で、持…

6月刊行予定の『福田和也コレクション』の続刊、まったく音沙汰がない

3月に突如として刊行が開始された『福田和也コレクション』全3集。福田和也コレクション1: 本を読む、乱世を生きる作者:福田 和也ベストセラーズAmazon 第1集の「本を読む、乱世を生きる」は、厚さ5センチ超の鈍器の如き大部で、大竹伸朗さんの装丁画も素晴…